導入事例 | 株式会社 ビームス 様

株式会社 ビームス 様

旅費・経費等の申請から支払に到る業務の迅速合理化に成功!

会計システム

BEAMSはモノを通して文化をつくる“カルチャーショップ”を目指しています。
モノを手に入れた満足感の先にある、そのモノが生まれた背景や時代性といったことを含む情報を共有することで、物質的満足以上の価値を提供します。BEAMSには多種多様なスタイルのレーベルがあります。
他に類を見ないこのバリエーションの広さと奥行きこそが、BEAMSのオリジナリティーであり、
カフェ、雑貨、インテリア、音楽、アートなど、ファッション以外の分野にも積極的に進出し発展してきました。

導入の背景

全国の支店・店舗での旅費経費精算業務をExcelなどの汎用ツールを駆使して対応していた同社。
複雑な稟議経路もあり、煩雑な管理となるワークフローにおいて、全社的に使える便利なシステムの構築を模索していました。

現場での使い勝手が重視される上に、最終的には会計システムへとつながる慎重な業務のため、現場目線に立ったより実務的なシステム提案とパッケージ選定が必要とされました。

システムイメージ

img_beams

導入における期待効果

導入における期待効果

■ 旅費,経費等の申請から支払にいたる業務を迅速合理化し,効率UP
■ 承認処理フローのスピード・精度を向上
■ 支払手続・会計データ計上業務を定型化
■ 過去データをデータベースに所蔵し,経費等の分析資料として利用
■ 導入・運用過程で事務環境を改善し,会計等の新システムへの体制の整備

ユーザー様へのインタビュー

株式会社ビームスホールディングス 業務管理本部 課長 西塚 一也 様にお聞きしました。

Q.e-Keihiの導入の検討・採用に至ったきっかけはなんですか?

A.申請から承認・支払まで時間が掛かっており、管理も煩雑であったため悩んでおりました。R&ACさんを紹介してもらい、システムのデモを確認し見たのが検討のきっかけです。
その後、他社のパッケージシステムと比較し、機能が当社に最もフィットしていたため、採用に至りました。

 

Q.e-Keihiを導入する以前の運用方法を教えて下さい。

A.すべて紙面ベースで運用していました。書類到着後承認、支払、仕訳なども別管理していました。

 

Q.e-Keihiを導入するまでに何か躊躇することはございましたか?

A.機能として添付ファイルが1つしかないことが業務運用上フィットしない点でした。

 

Q.それをどのようにして解消されましたか?

A.運用でカバー(ファイル形式をエクセルに限定し、シート毎管理)する事で、回避しました。

 

Q.導入する際のR&ACスタッフの対応はいかがでしたでしょうか?

A.運用方法など検討段階から親身になって対応してくれました。

 

Q.e-Keihiを導入し、実際に効果の出ている最大の点はどこでしょうか?

A.申請・承認・支払までの大幅な時間短縮を実現できた点です。

 

Q.上記以外の2次的なメリットはありましたでしょうか?

A.入力データからの支払・仕訳連携により会計システムへの入力工数を削減出来ました。

 

Q.今後R&ACに期待すること、望むことはございますでしょうか?

A.今後のIT環境の変化に関する情報や業界情報の提供をお願いします。

 

(インタビュアー 萩原)

ご採用システム
システム名:旅費・経費精算システム 『eKeihi』
メーカー名:イージーソフト株式会社
URL:http://www.ezsoft.co.jp

 

一覧を見る

メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ

一覧を見る

Client Profile

会社名:株式会社ビームス
代表取締役社長:設楽 洋
所在地:〒169-0074 東京都新宿区北新宿4-16-12 新光ビル
設立日:1982年5月(創業1976年2月)
従業員数:約1,500名
事業内容:ビームスのショップ経営、ビームス・オリジナル衣料品の製造および、輸入衣料品・雑貨の販売。
Twitter:http://twitter.com/BEAMS_JP

http://www.beams.co.jp/