Loading...

screen_rotation
Display in portrait

menuclear

株式会社 浅沼商会 様

導入製品Victory-ONE

現場入金から本社一括入金処理へ

Victory-ONE+ の導入を機に複数拠点での入金業務を本社一括入金処理に変更。 基幹システムとの連携で請求残高消し込みをオート処理することに成功し、業務効率の改善に寄与。

導入効果

画像処理機器等、映像情報機器の総合商社である株式会社浅沼商会。 創業が明治4年という老舗中の老舗である同社では、総合商社であるが故の商品点数の多さや多岐に渡る販売先により、月の入金件数も膨大な量である。 今回、Victory-ONEの導入を機会に、複数営業拠点で処理していた入金業務を本社口座に一括集中。 膨大な入金データを、基幹システムで管理する請求データと容易に照合可能になり、確実な消し込み処理を実施することが可能となった。 また、基幹システムへの入金データ連携、財務会計への入金・消し込み仕訳連携により、データ入力業務の工数削減にも寄与している。

導入システムイメージ

【カスタマイズボリューム】
  • 手数料区分を自社負担・客先負担・固定の3区分を新設し自動計算ロジックを実装。
  • 帳票フォームの変更と、出力ルール処理を実装。
  • 請求データは発生ではなく、再請求含む残高データに対応。

入金消込・債権管理の自動化のケーススタディ

Victory-ONEは入金消込/債権管理にまつわるあらゆる課題に対応可能。これまでどのような課題を解決してきたのか、ケーススタディとしてご紹介します。

ケーススタディを見る