Loading...

screen_rotation
Display in portrait

menuclear

「さくらUTOPIAクラウド 債権管理ゲートウェイサービス」にVictory-ONE/G3が正式採用!

このたび、弊社の入金自動消込に特化したソリューションパッケージシステム「Victory-ONE/G3」が、平成25年4月に稼動したさくらケーシーエス(住所:神戸市中央区播磨町)が運営する請求入金業務特化型総合プラットフォームサービス「さくらUTOPIAクラウド債権管理ゲートウェイサービス」に正式採用されたことをご報告いたします。

さくら「UTOPIAクラウド 債権管理ゲートウェイサービス」は、既存の販売管理システムなどから債権データをお預かりする事により、「請求データから請求書作成、発送代行業務」「口座振替やコンビニ収納、小口債権買取などの各種決済サービスとの連携」、「入金結果データの取り込み、請求データとの照合、消し込み」まで、請求入金に関する業務システムをワンストップでご提供するサービスです。アウトソーシングとシステム提供を組み合わせた画期的なサービスとなっています。

今回、「債権管理ゲートウェイサービス」に「Victory-ONE/G3」を提供することで、BtoBでニーズの高い振込人名による自動消込など、高度な消込業務にも対応可能となり、サービスの幅が広がります。これによりBtoB、BtoC、問わず、広く請求入金業務を合理化したい企業様に対して、画一的なサービスの提供ではなく、多様なサービスの中から、必要なサービスを選択してご利用頂く事が可能となり、負荷の高い会計業務の事務処理負担の軽減が図れるようになります。

■さくらUTOPIAクラウド 債権管理ゲートウェイサービスの詳しい情報は以下を参照ください。
http://www.kcs.co.jp/service/datacenter/detail_2189.html

■上記内容に関する弊社プレスリリースは以下を参照ください。
NEWSRELEASE20130702.PDF

本件に関するお問い合わせは、こちらよりお願いします。

入金消込・債権管理の自動化のケーススタディ

Victory ONEは入金消込/債権管理にまつわるあらゆる課題に対応可能。これまでどのような課題を解決してきたのか、ケーススタディとしてご紹介します。

ケーススタディを見る