企業理念

企業理念

クレド

我々が提供するサービスの根幹は、企業の業務改善及びIT戦略における、よきパートナーであることです。 それは、お客様が具体化できない要望にも言及し、誠心誠意のサービスを提供することを約束するものです。 あわせて、常に最新の市場動向、最新の技術における自己研鑽を持って、サービス品質の向上を目指すように心がけています。

従業員への約束

当社は、お客様に対して、当社のもつ技術力、精神力、洞察力、行動力、コミュニケーション能力をもって、最大限の信頼を得られるよう日々努力します。 当社の社員は、日々自己研鑽することで、その能力を高め、会社から正当な評価を受け、精神的にも肉体的にも充実した毎日を送ります。 R&ACは、このような職場環境を育むことに労力を厭いません。

従業員への約束

R&ACベーシック

  1. クレドは、R&ACの基本的な信条です。私たちは、これを理解し、すべての判断・行動基準の規範とします。
  2. 我々は、常に前向きな気持ちで、最新の技術情報、市場動向を勉強し、自分の付加価値を高める努力を惜しみません。
  3. 我々は、日々の活動を生き生きと送ることで、周囲に活気的な雰囲気を作っていきます。
  4. 我々は、自分ひとりで生きているわけではないことを肝に銘じ、隣人に対する感謝の気持ちを忘れません。
  5. 我々は、常にプロ意識を持って、お客様の期待値を計測し、期待値以上の行動を取ることに全力を尽くします。
  6. 我々は、どんな些細な事も、同じ失敗を繰り返さないように、細心の注意を払っています。なぜなら、それが自身と組織の成長を促すことにつながることを知っているからです。
  7. 我々は、お客様や社員同士のニーズを満たすよう、チームワークと幅広い協力を実践する職場環境を築く役目があることを忘れません。
  8. 我々は、身の回りや作業環境を常に整理整頓し、身だしなみにおいても、妥協の無い清潔さを保ちます。
  9. 我々は、お客様のメリットを最優先に考えるとともに、会社の発展にも寄与するよう、最善の努力を惜しみません。
  10. 我々は、お客様でも社員同士でも、相手に不快感を与える言葉遣いや対応をしないように心がけ、いつも笑顔を絶やさない努力をしています。
  11. 我々は、社員同士のコミュニケーションを重要視し、常にお互いの状況を気にかけ、切磋琢磨し続けます。
  12. 我々は、間違いに気が付いたら、指摘されたら、謙虚に認め、謝ります。また、指摘されたことで、その理由を考える機会が得られたことに感謝します。
  13. 我々は、自らの成長のために目標管理を心がけ、目標達成のための努力を怠りません。
  14. 我々は、上司への報告・連絡・相談を重視します。情報の共有化を図るとともに、仕事上のあらゆる障害にも対応できる体制作りを目指します。
  15. 我々は、このクレドを受け入れられない場合、上司と相談し、最良の解決策を話し合い、考えます。なぜなら、このクレドを実践することがR&AC社員としての責務と考えるからです。

クレドポイントシステム

弊社では、社内行動基準としてR&ACクレドを掲げています。
このR&ACクレドをより社内に浸透させるための試みとして、社内R&ACクレドポイントシステムを自社開発し、平成20年12月にβ版を社内リリースいたしました。

このクレドポイントシステムは、普段の行動を社員同士が客観的に評価するためのシステムであり、自分が企業理念に沿った行動、判断ができているかを知るためのバロメーターとなります(クレドポイントとして提示されている行動基準の一例はこちらを参照下さい)。

弊社では、毎月月末に自動計算される各社員のクレドポイントをランキングし、月度優勝者にはこれを表彰する制度を発足いたしました。これにより社内では、社員同士がお互いにR&ACクレドに沿った行動基準や価値判断を共有することができるようになりました。

このシステムは、ゆくゆくは社外にも展開していくことができるよう日々改良を重ね、より一層、社員同士が行動基準に沿った行動・判断を無理なく実行できる環境作りに尽力しています。

クレドポイントシステムとは

クレドポイントシステムとは、R&ACの企業理念である「R&ACクレド」の各項目を具体的かつ目に見える形で浸透させることを目的にした、行動分析システムです。

グラフによりリアルタイムの可視化など、システム自体にゲーム性を加えることで継続して利用できるよう工夫を凝らしてあります。加点式であるため、マイナス評価は行いませんので、社員のモチベーションアップに大きく貢献しています。

ポイント投票画面とポイント投票トップページ

クレドポイントシステム概要図

クレド4の行動基準

  • 仕事で行き詰っている人に声をかけ、解決策を提示し、実行に移した
  • 積極的に声をかけ、足りない部分を補いあった
  • 休日を利用してボランティア活動に勤しんだ
  • 気持ちのいい感謝の言葉を声に出して照れずに伝えることができた
  • 会社に出入りする社員以外の人にもしっかりと挨拶ができた

クレド6の行動基準

  • 自分の失敗例をナレッジとして社内公開できるような仕掛けを考案し確立した
  • 自分の失敗例をナレッジとして社内公開した
  • 電話取次ぎの方法や掃除の仕方など社内業務にまつわるルールを確立した
  • 過去事例を積極的に整理・整頓・活用できるよう方法論を提案した
  • 同じ内容の失敗をしないように戦略を立て結果を残した

行動基準は、普段の行動における判断基準となるべき指針となります。弊社ではこの基準を60~70ほど用意し、あるべき行動の規範として提示しています。

クレドポイントシステムに関するお問い合せは こちら

ページの先頭へ