Loading...

screen_rotation
Display in portrait

menuclear

代表挨拶

代表挨拶

私たちR&ACは、お客様の抱える様々な課題をITの力を駆使することで解決し、良きソリューションパートナーとして信頼される存在となれることを願って、2004年の11月に設立されました。

もともと、業務系システムの導入コンサルティングからスタートした当社は、実にたくさんの現場で、たくさんの課題に直面し、多くの気づきを頂いてきました。

私たちは起業以来、このようなお客様自身でも気づいていない課題に対して積極的に提案し合理化を実現し、あっと驚くような成果や効果を出して喜ばれることに、大いなるやりがいと達成感を感じてここまでやってきました。
その根底にあるのは「システムはツールであり、それを利用する人の課題を解決するための道具である」という考え方です。

最近は政府主導により、企業の長時間労働を見直し、より効率的な仕事の進め方を実現しようとする働き方改革が推進されています。
これからの時代、企業はこれまでと同じ仕事量をより少ない労働力で効率的に終わらせなくてはならなくなります。

弊社が現在もっとも注力している事業は、このような企業業務の中でも特に合理化が遅れている分野に的を絞って解決策を模索し、本来業務に回帰してもらえるような画期的で実効性のあるITツールを研究・開発し、お客様に届けることです。
これは責任を感じるとともに、やりがいも感じられる社会的にもたいへん意義のある事業だと思っています。

弊社ではこれからも、人手に頼っている非効率な業務分野を洗い出し、徹底的に業務の自動化・スリム化を推進していくため、全身全霊で業務にまい進していく所存です。
これからのR&ACに、ぜひご期待ください。

代表取締役のプロフィール

昭和46年11月6日生。愛知県出身。大学卒業後、タイへバックパック一人旅。その後、名古屋の会計事務所勤務を経て、会計システムベンダーへ転身し上京。中堅から上場大手企業まで数多くの会社へシステム導入と業務効率化支援を経験した後、独立。平成16年11月、株式会社アール・アンド・エー・シーを起業し、代表取締役に就任。現在に至る。

企業理念

100年以上継続成長し続ける会社を作る


ITによる業務効率化を中心に据え、債権管理・入金消込分野へ業務をフォーカスさせることで、ニッチトップを目指す。
ソリューションビジネスで培う業務ノウハウを足の速いクラウドに活かしユーザーの裾野を広げ、高い利益率を実現する。

R&ACベーシック

1.クレドは、R&ACの基本的な信条です。私たちは、これを理解し、すべての判断・行動基準の規範とします。
2.我々は、常に前向きな気持ちで、最新の技術情報、市場動向を勉強し、自分の付加価値を高める努力を惜しみません。
3.我々は、日々の活動を生き生きと送ることで、周囲に活気的な雰囲気を作っていきます。
4.我々は、自分ひとりで生きているわけではないことを肝に銘じ、隣人に対する感謝の気持ちを忘れません。
5.我々は、常にプロ意識を持って、お客様の期待値を計測し、期待値以上の行動を取ることに全力を尽くします。
6.我々は、どんな些細な事も、同じ失敗を繰り返さないように、細心の注意を払っています。なぜなら、それが自身と組織の成長を促すことにつながることを知っているからです。
7.我々は、お客様や社員同士のニーズを満たすよう、チームワークと幅広い協力を実践する職場環境を築く役目があることを忘れません。
8.我々は、身の回りや作業環境を常に整理整頓し、身だしなみにおいても、妥協の無い清潔さを保ちます。
9.我々は、お客様のメリットを最優先に考えるとともに、会社の発展にも寄与するよう、最善の努力を惜しみません。
11.我々は、お客様でも社員同士でも、相手に不快感を与える言葉遣いや対応をしないように心がけ、いつも笑顔を絶やさない努力をしています。
12.我々は、社員同士のコミュニケーションを重要視し、常にお互いの状況を気にかけ、切磋琢磨し続けます。
13.我々は、間違いに気が付いたら、指摘されたら、謙虚に認め、謝ります。また、指摘されたことで、その理由を考える機会が得られたことに感謝します。
14.我々は、自らの成長のために目標管理を心がけ、目標達成のための努力を怠りません。
15.我々は、上司への報告・連絡・相談を重視します。情報の共有化を図るとともに、仕事上のあらゆる障害にも対応できる体制作りを目指します。
16.我々は、このクレドを受け入れられない場合、上司と相談し、最良の解決策を話し合い、考えます。なぜなら、このクレドを実践することがR&AC社員としての責務と考えるからです。

社名の由来

株式会社アール・アンド・エー・シー(R&AC)の社名の由来は、下記のようなものです。