株式会社アール・アンド・エー・シー

MENU

導入事例

株式会社 分析センター 様

自社開発システムからの乗せ換え対応

計量証明事業所として、長年築き上げたノウハウを活かし、水質・土壌・大気・廃棄物分析からシックハウス・作業環境測定まで環境に関わるあらゆる分野の分析・調査・コンサルタントを行っている同社。同社は、『分析』という事業展開を通じ”環境や社会の『安全と安心』”を創造しています。
特に、民間受託分析機関のパイオニアとして”第三者の中立性”という信用とプロダクトの信頼性を確立しています。

導入の背景

取引件数の増加が見込まれている中で、自社開発で構築した試験受付システムおよび入金消込システムが最新サーバOSへの対応など保守が困難な状況となっておりました。この度、サーバ更新も可能でかつ現行の入金消込業務を齟齬なく移管できるパッケージシステムを探していました。

導入における課題と改善効果

課題
  • 顧客ごとの未回収情報の素早い捕捉
  • サーバ更新を行なっても対応出来るパッケージの選定
  • 自社独自の業務に対応が可能なカスタマイズが可能であること
改善効果
  • 入金自動照合機能により事務処理の効率化が図られた
  • 売掛金の残高把握が素早く出来る様になった
  • 得意先の特定出来ない売上(通称仮伝)にもカスタマイズで対応出来、業務要件を全て満たす事が出来た

導入システムの構成

ご担当者様インタビュー

株式会社分析センター 業務部 田代様、営業部 金様にお聞きしました。

豊富な機能が決定の理由です

Q.Victory-ONEの導入の検討・採用に至ったきっかけは何ですか?

A.自社開発で構築した試験受付システムおよび消込システムの保守が困難な状況になってきていて、サーバがダウンした際に復旧に時間を要したため、限界を感じていたというのが検討のきっかけです。

Q.Victory-ONEを選んだ決め手は何でしょうか?

A.旧消し込みシステムを十分に満たす機能がパッケージとして組込んであり、かつ以前出来なかったN:Nの消し込みが出来るなど、豊富な機能が決定の理由です。

Q.Victory-ONEを導入する以前の運用方法を教えて下さい。

A.上記の通り、専用ソフトを構築し消し込みを行なっていました。ちなみに入金情報に関しては手入力していました。

Q.Victory-ONEを導入するまでに何か躊躇することはございましたか?

A.得意先の特定出来ない様な請求データが発生するなど業務上特殊な処理があるので、対応が可能か不安でした。

Q.それをどのようにして解消されましたか?

A.営業担当と細かいレベルで打合せしカスタマイズを施す事で解消されました。

Q.導入する際の弊社スタッフの対応はいかがでしたでしょうか?

A.問い合せや課題に対してその場で即答頂けるので安心出来ました。サポート、営業担当共に非常に良かったです。

Q.システムを導入し、実際に効果の出ている最大の点はどこでしょうか?

A.EBデータの取込が可能となり、自動照合が出来る事で事務処理のスピードが上がりました。また、バージョンアップにより摘要で検索する事が出来る様になったので、柔軟に対応頂いたので楽になりました。

Q.今後R&ACに期待すること、望むことはございますでしょうか?

A.大変満足しています。今は特にありません。

(インタビュアー:ITソリューション事業部 コンサルティング営業 萩原)

Client Profile

会社名:株式会社 分析センター
住所:〒101-0061 東京都千代田区三崎町3丁目4番9号 水道橋MSビル6階
設立:昭和42年12月11日
資本金:50,000(千円)
業務内容:
水質・土壌・大気・廃棄物分析からシックハウス・作業環境測定まで環境に関わるあらゆる分野の分析・調査・コンサルタント

http://www.analysis.co.jp/

株式会社アール・アンド・エーシー

〒101-0031 東京都千代田区東神田2-10-16 For Life Office 東神田3F/9F
TEL: 03-5835-2197 FAX: 03-5835-2198

ISO9001:2008
プライバシーマーク