Loading...

screen_rotation
Display in portrait

menuclear

マンパワーグループ 株式会社 様

導入製品Victory-ONE

膨大なデータ量への対応と入金予定情報を利用した効率的な消込業務の実現

同社は世界80カ国・地域に3,500のオフィスを持ち、ワールドワイドに展開している人材サービスのグローバルカンパニー、ManpowerGroup の100%出資の日本法人で、日本で最初の人材派遣会社です。膨大な量の顧客情報を管理する同社では、日々発生する入金消込における作業において、既存システムに甚大なインパクトを与えることなく、消込処理のみを合理化するピンポイントの対策が急務の課題となっていました。

導入の背景

膨大な入金消込処理を決められた期間内に行う必要のある同社。売掛一覧および入金照会結果を目視確認し、該当情報を記入後、消込システムへ手入力を行っていく運用に限界を感じておりました。解決方法を各社に呼びかけし検討する中で、既存システムとの連携に対応出来かつ、事務効率の向上が狙えるVictory-ONEを導入する運びとなりました。

導入における課題と改善効果

課題
  • 現行システムと整合性のとれたシステム連携が必要である事
  • 入金確認業務を可能な限り自動化し事務効率の向上を図る事
  • 数十万件という顧客情報と膨大な入金処理を行う事の可能なユーザビリティを実現する事
改善効果
  • 基幹システムと日々のシームレスな自動連携を実現
  • 事前に取得できる入金予定情報を利用した効率的な消込業務を実現
  • 入金処理をよりスムーズに行える様になった事で、当該業務の工数が1/3の削減に成功
  • カスタマイズにより大量データを処理可能とする事に成功。また、機能性・操作性の面で業務に耐えうるシステム構築に成功

システム導入イメージ

ご担当者様インタビュー

実際にシステム導入を担当された、 コレクションセンターの沼田様にインタビューさせて頂きました。
マンパワーグループ株式会社 財務部 コレクションセンター 課長 沼田様

システムのレスポンスが早い

Q.Victory-ONEを導入することにした決め手は何でしたでしょうか。

A.システムのレスポンスが早い点でした。導入当初は不安な点もありましたが、メンテナンスを行う事で解消され今は大変満足しています。

Q.Victory-ONEを導入するまでに何か躊躇することはございましたか?

A.弊社の既存システムとうまく連携出来るかという点と導入する事のメリットが十分に出るか不安でした。

Q.それ(上記不安要素)をどのようにして解消されましたか?

A.担当営業に一点ずつ不安を取り除く言葉を頂いた、 後日、かなり営業的な部分はあったと気付くが(笑)、誠意も感じています。ありがとうございます。

6名から4名に減員出来た

Q.Victory-ONEを導入し、実際に効果の出ている点はどこでしょうか。

A.当該業務の担当を6名から4名に減員出来た事です。

Q.上記以外の2次的なメリットはありましたでしょうか。

A.1/3減員したら十分だと思います。

Q.今後R&ACに期待すること、望むことはございますでしょうか?

A.今後も、バージョンアップ含めて要望等の対応のカスタマイズをお願いします。

お忙しい中、ご質問のお答えいただき、ありがとうございます。 また、厳しくも温かいご指導ありがとうございます。 より良い製品にバージョンアップ出来る様、お言葉を噛み締め邁進して参ります! (平成26年2月20日 インタビュアー 萩原)

入金消込・債権管理の自動化のケーススタディ

Victory-ONEは入金消込/債権管理にまつわるあらゆる課題に対応可能。これまでどのような課題を解決してきたのか、ケーススタディとしてご紹介します。

ケーススタディを見る